初めての婦人科ガイド

初めて婦人科を受診される方へ!

タウンニュース
レディースクリニック市ヶ尾

〒225-0024
神奈川県 横浜市 青葉区市ヶ尾1154
市ヶ尾プラーザビル1F

最近は「結婚をしない、子供を産まない」という 女性が増えています。 すると、婦人科に受診する機会が少なく、重症な 子宮筋腫や卵巣のう腫、性感染症や子宮頚癌 などに気がつかない事も少なくありません。症状 がひどくなれば、治療もより大変になります。婦人 科検診も定期的に受診される事をお勧めします。
お電話でのお問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-179707 電話番号:045-979-1797
メールでのお問い合わせはこちら
診療時間

※休診日:木曜・日曜・祝日/土曜 午後休診
※初診・再来初診(久しぶりの受診)の受け付けは終了時刻30分前まで

内診はイヤ!

内診はイヤ!

と、いう方は、結構多いです。しかし、内診をしないと、わからない事がたくさんあります。子宮や卵巣も体の一部です。ノドが痛いときにはノドを診るのと同じように、子宮や卵巣の調子が悪ければ、子宮や卵巣を診なくてはなりません。医学的に診れば、決して特別な事ではないのです。ただし、性行為の経験が無い方は内診できませんので、診察前に医師や看護師におっしゃってください。

内診をしないとできない事

1)オリモノの異常(カンジダ膣炎等)の診断・治療
2)不正出血の診断
3)外陰部の異常(尖圭コンジローマ等)の診断
4)排卵の診断
5)子宮頚管ポリープの診断・治療
6)妊娠初期の診断
7)子宮癌検診

内診の手順

始めに、下着(ショーツ)を脱いで内診台にあがります。ズボンの方は完全にズボンを脱いでください。スカートをはいている方はスカートをできるだけたくしあげてください。(しっかり上げておかないと、消毒液や出血などで汚れる事があります。)靴下や膝・腿までのストッキングは脱ぐ必要はありません。
内診台に上がって下さい。衛生上、紙のカバーがかかっていることを確かめてお座りください。足は、力をいれず足受け台に置いてください。
内診台

内診台

内診台は電動で、数10cm 上がります。あわてて動いてしまうと、転倒したりする事が有りますので静かにお待ちください。
まず、膣の中を診ます。オリモノの状態や出血の有無、膣壁の状態、子宮の出口(子宮膣部)の状態を診ます。このとき、クスコ膣鏡と言う器具が入ります。嫌がって力をいれてしまうと、かえって痛くなりますので、力をいれずに診察をお受けください。
(写真クスコ膣鏡 閉・開)
クスコ膣鏡・開

クスコ膣鏡・開

クスコ膣鏡・閉

クスコ膣鏡・閉

次に、指による内診を行います。内診は一回一回手袋を換えて行いますので衛生的です。内診では、子宮の大きさ、形、向き、卵巣の大きさ、形、位置などを診察します。痛みなどがあれば遠慮せずおっしゃってください。力をいれてしまうと、診察が出来ませんので、力をいれずに診察をお受けください。
経膣超音波検査をします。お腹の上から超音波をするより、詳しく診断できます。特殊な経膣超音波用の器具を膣内に入れます。このときに力が入ってしまうと、うまく行きません。膣内から子宮や卵巣の形を見ます。この検査で、子宮・卵巣の形や位置をみます。これにより、子宮筋腫、卵巣嚢腫、卵巣の癒着、排卵の準備の状態などが分かります。
経膣超音波

経膣超音波

これで検査は終了です。オリモノなどを洗浄する必要があるときには、もう一度クスコ膣鏡を入れて洗浄液で洗浄します。薬を入れて、タンポンを使う事がありますので、タンポンを抜くのを忘れないようにしてください。また、検査によっては、しばらくの間出血が起こる事がありますので、そのようなお話があれば、ナプキンをあてておいてください。
左の写真は、検査に使う器具を示します。いずれも数ミリ~数センチ程度の大きさで、検査時に、痛みがあまり無いように作られています。
検査に使う器具

上からエンドサイト・エンドサーチ・綿棒(3列目左)・綿球(3列目中)・タンポン(4列目左)・膣錠(3・4列目右)