初めての婦人科ガイド

初めて婦人科を受診される方へ!

タウンニュース
レディースクリニック市ヶ尾

〒225-0024
神奈川県 横浜市 青葉区市ヶ尾1154
市ヶ尾プラーザビル1F

最近は「結婚をしない、子供を産まない」という 女性が増えています。 すると、婦人科に受診する機会が少なく、重症な 子宮筋腫や卵巣のう腫、性感染症や子宮頚癌 などに気がつかない事も少なくありません。症状 がひどくなれば、治療もより大変になります。婦人 科検診も定期的に受診される事をお勧めします。
お電話でのお問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-179707 電話番号:045-979-1797
メールでのお問い合わせはこちら
診療時間

※休診日:木曜・日曜・祝日/土曜 午後休診
※初診・再来初診(久しぶりの受診)の受け付けは終了時刻30分前まで

転院を考えている方

転院の理由は、さまざまです。

転院の理由

引越し、ご友人の紹介、近くに新しい病院ができた。など、さまざまな理由があります。時には、医師と気が合わない、説明が足りない、信用できない、悪いうわさを聞いた。と、いうような方もおられます。理由はどうであれ、いままでの検査や診断、処方された薬などがはっきりしなければ、うまく診療は継続できません。また、最初から診察のやり直しになります。かならず、転院の際には紹介状をもらっていらしてください。

私は、以前から病院にかかっているので、自分の病気についてよくわかっているから大丈夫。

ご自身が、いくら医者から話を聞いていても、それは、専門用語を一般用語に翻訳してわかりやすく話しているに過ぎません。また、薬の量なども何錠という単位ではなく、何㎎という情報が必要なこともあります。薬についても、現在は医療費削減の一環としてジェネリック医薬品の使用が推し進められていますので、正確な名前がわからないと、成分がわからないことがあります。つまり、ご自身がいくら説明されても、前医の診断・治療の大筋がわかるだけで、詳細なことはわからないことが多いのです。したがって、ご自身でよく理解されているつもりでも、必ず紹介状を書いてもらってください。

前の病院では薬だけ出してもらっていたから、今度も、薬だけ出してもらえばよい。

基本的に、無診療で処方をすることは禁止されています。したがって、以前と同じ処方をする場合でも、必ず、簡単な診察や検査が必要となります。ましてや、今まで処方だけ受けていたとなると、副作用などの見落としがあるかもしれません。転院の機会に、必ず、必要な検査や診察を受けてから、処方を受けるようにしてください。

基本的には前医で診察を受けるが、処方や注射などを近くで受けたい。

こういった場合、前医の判断に従って処方や注射をしますので、必ず、どの薬がどれだけ必要なのかを詳細に書いてもらってください。

前医で検査を受けたので、検査はうけたくない。

前医からの詳細な診断書があれば、そのデータを基に治療を継続できます。しかし、十分なデータがそろっていない場合や、治療によって変化している可能性がある場合、データが古いため変化している可能性がある場合などは、検査や診察を追加する必要があります。

前医とは、ウマが合わないので話したくもない。

お気持ちはわかりますが、そのために、いろいろなご自身の情報を無駄にしてしまうのは大変もったいないことだと思います。中には、転院しようと思って話してみたら、意外にも、とてもよく説明してくれた。いつも忙しそうなので質問をしなかったが、医者のほうも質問されないので理解していると思って、説明していなかっただけだった。などという例もあります。この機会に、ご自分の診断・治療がどのようなものであったかをもう一度聞き直してみることも必要ではないでしょうか?