初めての婦人科ガイド

初めて婦人科を受診される方へ!

タウンニュース
レディースクリニック市ヶ尾

〒225-0024
神奈川県 横浜市 青葉区市ヶ尾1154
市ヶ尾プラーザビル1F

最近は「結婚をしない、子供を産まない」という 女性が増えています。 すると、婦人科に受診する機会が少なく、重症な 子宮筋腫や卵巣のう腫、性感染症や子宮頚癌 などに気がつかない事も少なくありません。症状 がひどくなれば、治療もより大変になります。婦人 科検診も定期的に受診される事をお勧めします。
お電話でのお問い合わせはこちら フリーダイヤル:0120-179707 電話番号:045-979-1797
メールでのお問い合わせはこちら
診療時間

※休診日:木曜・日曜・祝日/土曜 午後休診
※初診・再来初診(久しぶりの受診)の受け付けは終了時刻30分前まで

更年期障害

その症状、本当に更年期障害ですか?

その症状、本当に更年期障害ですか?

更年期障害はホルモンの低下による自律神経失調から起こる諸症状です。顔が急に熱くなるホットフラッシングや、急激な顔の発汗などが典型的な症状です。肩こり、疲労感、頭痛、冷え、めまい、動悸などのいろいろな症状がありますが、自律神経の失調による症状ですから、体を害するような事はありません。

 最近は、マスコミなどでも多く取り上げられ、閉経期の女性のさまざまな症状を更年期障害だとひとくくりにする傾向が見られますが、これは大変危険な事です。同じような症状の他の疾患に気がつかずに更年期の治療を続けていると、潜んでいる疾患を悪化させる事があります。

 また、ホルモン剤には血栓症(心筋梗塞や脳梗塞など)や乳癌、卵巣癌、認知症など様々な副作用があると考えられており、ホルモン剤を使う事によってそう言った疾患を悪化させることがあり得るので、大変危険です。

 テレビや雑誌で更年期障害として挙げられている症状のいくつかが当てはまるからと言って、安易に更年期障害と考えるのは危険です。躊躇せずに、まず、内科や耳鼻科、場合によって精神科などを受診し、危険な疾患が潜んでいないかどうかをきちんと確認しましょう。

 また、更年期障害の診断のためホルモン検査を希望する方がおられますが、ホルモン検査の結果と更年期症状の相関関係は明らかではありません。したがって、更年期障害の診断にホルモン検査を行っても、参考程度にしかなりません。 

更年期障害に似た症状から考えられる疾患

頭痛脳血管障害(脳梗塞など)、偏頭痛、高血圧 等
動悸
心疾患、冠動脈疾患(狭心症など)、高血圧、甲状腺疾患 等
疲労感糖尿病、肝疾患、腎疾患、心疾患、甲状腺疾患、うつ病 等
めまいメニエール病、脳血管障害(脳梗塞など)、内耳障害(耳鼻科疾患) 等
手足の冷え動脈硬化症 等